神奈川県予防接種研究会・H27.5.29

IMG_1505

神奈川県庁にてH27.5.29・・19:00より予防接種健康被害救済制度のあり方(中間報告の取りまとめ)開催されました。

内容・・・黒岩知事あてにヒトパピローマウイルス感染症予防接種後に何らかの症状に苦しむ方への支援について提言

本来ならば国の制度に基づき迅速に救済されるべきである。

国による健康被害認定が遅々として進まず、苦しむ方に対する支援は何もない状況にある。

当面のつなぎ支援が必要であるとの結論に至った。そこで、自治体独自の支援制度を創設に向け、他の協議に

先んじて中間報告を取りまとめ、提言を行うものである。

この様な提言を6月4日、知事に提出予定とされました。

知事提出後議会決定があり、正式に支援策となります。

毎日新聞の報道記事に決定と書かれていましたが、すべてこれからです。

 

 

 

 

 

コメントは受け付けていません。

← 戻る